南沢あじさい山

南沢あじさい山

JR武蔵五日市駅(JR五日市線)からハイキングコースとして、6月中旬~7月上旬のあじさいが咲く観光シーズンには毎年10,000人が訪れる。急峻な山間で木々を覆うように広がるあじさいの数は約1万株。静けさのある森の中、華やかに咲き誇るあじさいの幻想的なパノラマ景色。
毎年梅雨の時期になると、500mにも渡って南沢林道沿いにピンクやブルーなどの鮮やかな色に染まったアジサイが咲き乱れる。その姿はまさに圧巻。静かな山里が華やかに彩られる。

この南沢あじさい山は、地元に住む“ちゅういっちゃん”こと南澤忠一さん所有の山。約50年間、両親が眠るお墓への道に彩りを、と林道に20本ほどあじさいの苗を植えたそう。それを機に毎年植え続け、たった一人で1万株まで増やし、今では季節になると多くの観光客が訪れるようになった。2018年の4月には、東京都の地域産業資源のうち、観光資源としても認定された。

あじさい山の後継者として名乗りをあげた高水さんは、あきる野市の企業株式会社do-moの代表。do-moはレストラン「do-mo kichen CANVAS」の運営などを通して、あきる野地域の活性化事業を行う企業。あきる野市出身の高水さんは、「忠一さんが長年守り抜いたストーリーのあるあじさい山を守りたい!」と、事業としてあじさい山を支援、維持することを決意。様々なイベントやガイドツアーを実施。南澤さんの娘さんが毎年作り続けてきたリースの部屋は、ドライフラワー工房『cazue』として仲間たちとオープン。

住 所東京都あきる野市深沢368
電話番号南沢あじさい山 運営委員会 090-5540-9100
アクセス車:車でのご来山はご遠慮ください。駅前のコインパーキングをご利用の上、徒歩、タクシー、期間限定のシャトルバスでご来山ください。
電車・バス:JR五日市線 武蔵五日市駅から徒歩40分
 ※6月中旬~7月上旬は、期間限定のシャトルバスが運行されます(武蔵五日市駅 ⇔ 南沢あじさい山)
駐車場なし
料 金入山拝観料 大人500円、小人300円
営業時間、定休日入山時間:午前9時~午後5時
ホームページhttps://ajisai-yama.com/

関連記事

  1. 龍珠院

    龍珠院

  2. 恵比寿屋

    恵比寿屋

  3. 真照寺

    真照寺

  4. 神戸岩

    神戸岩

  5. 乙津 花の里

    乙津 花の里

  6. 大悲願寺

    大悲願寺