温泉スポット
東京都の多摩西部を流れる秋川。
この秋川を擁する秋川渓谷は都心から40km程の距離にあり、川遊びや山歩きを愛好する人々を誘う自然の宝庫でもあります。
この清流秋川のせせらぎと野鳥のさえずりを聴きながら、豊かな緑に抱かれた癒しの空間でおくつろぎ下さい。



➀【瀬音の湯】

2007年、東京都あきる野市にオープンした秋川渓谷・瀬音の湯。“森の中にそっとおく置く”というイメージで設計を進めたというだけあり、平屋建ての建築は、山の景色にすっかりとけ込んでいる。近隣のみならず関東近郊から訪れるリピータが多いことでも、この施設の魅力が一言では語れないことがわかる。まず、とろみがあって肌に吸い付くような感触のph10を誇るアルカリ性単純泉が魅力。露天風呂からは、スギやヒノキの景色が眺められ、その名の通りせせらぎの音が耳に心地よい。


【住所】東京都あきる野市乙津565
【TEL】042-595-2614
【営業時間】10:00~22:00(最終受付21:00)
【定休日】なし
【料金】3時間まで 大人800円 小人 400円

sam03 sam03



⓶【つるつる温泉】

奥多摩の玄関口、緑豊かな日の出町。つるつる温泉は町の中央を流れる清流平井川の上流
三ツ沢にたたずむ天然温泉です。深山の緑と山里の風情が心を癒し、お肌をすべすべにしてくれるアルカリ性の泉質は「美肌の湯」としても評判です。
都会の喧噪を離れじっくりと静養する一日をつるつる温泉でお過ごしください。


【住所】東京都西多摩郡日の出町大久野4718
【TEL】042-597-1126
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】火曜日
【料金】3時間まで 大人800円 小人 400円

sam03 sam03



➂【数馬の湯】

檜原村の公共温泉。近代施設で地元の人はもちろん、都内各所からもあらゆる人が訪れる、東京有数の温泉だ。
浴室はジャクジーやサウナ、露天風呂など完備されており、 土地柄、ハイカーなどに利用されている。
渓谷散策や登山などのあとに利用するのがおすすめ。


【住所】東京都西多摩郡檜原村2430
【TEL】042-598-6789
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】月曜日
【料金】大人800円 小人 400円

sam03 sam03



➃【蛇の湯温泉】

檜原村の最奥地、数馬の里の旅館「蛇の湯温泉 たから荘」は隠れ里として知られたこの地の象徴ともいえる。
「蛇の湯温泉」は、古く「武蔵野風土記」にも記載されている多摩の名湯。蛇の湯の名は「その昔、傷ついた大蛇が川原に湧く湯で傷を癒した」との言い伝えから。何百年も前から多くの人々が訪れたという。その効能は現在も変わらない。温泉通ならご存じだろうが、審査の厳しいことで知られる「日本秘湯を守る会」の会員でもある。嬉しいことに日帰り入浴にも対応している。500年の歴史を背負い立つ、威風堂々とした建物は数馬の里独特の「兜造り」と呼ばれる合掌造り。


【住所】東京都西多摩郡檜原村数馬2465
【TEL】042-598-6001
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】不定休
【料金】大人1000円 小人 700円

sam03 sam03



トウキョウサンショウウオをモチーフに子供からお年寄りまで親しみをもってもらえるものにしています。自然環境保全活動の象徴として、(右:兄)頭には草の冠、体にはきれいな河川を、(左:妹)手には葉っぱ、山形の帽子には花や川をえがいています。
  ⇒⇒森っこサンちゃんのご紹介

■関連リンク

 ▼あきる野市観光協会

 ▼日の出町観光協会

 ▼檜原村観光協会