ハイキングスポット
草花丘陵にはハイキングコースが整備され、そのハイライトと言えるのが「大澄山」です。
北には狭山丘陵を望み、羽村市方面を一望できます。




➀【御岳山~日の出山】

日の出山からの眺望と、梅郷の景色を楽しめるコース。上りはケーブルカーで御岳山へ。
武蔵御嶽神社に立ち寄り、日の出山へ向かう。分岐から尾根をたどり、東雲山荘を過ぎればすぐに日の出山山頂。
奥多摩の山並みを眺めてゆっくり休憩。下りは展望のない尾根道を進み、梅ノ木峠へ。三室山手前を梅の公園の方向へ向かう。車道に出れば梅郷は近い。


コース:御岳山駅→30分→武蔵御嶽神社→40分→日の出山→1時間→梅ノ木峠→40分→金毘羅神社→45分→梅の公園→15分→日向和田駅。徒歩計3時間50分。


【住所】東京都青梅市・日の出町
【TEL】 0428-78-9363(御岳ビジターセンター)042-597-0511(日の出町観光協会)
【営業時間】
【定休日】
【料金】

mitake mitake2



⓶【三頭山】

三頭山(みとうさん)は、東京都西多摩郡奥多摩町・檜原村、山梨県上野原市、北都留郡小菅村に跨る標高1,531mの山。
3つの頂上があるので三頭山と言う。西峰(1,527m)・中央峰(1,531m)・東峰(1,528m)があり、三角点は東峰に置かれている。

奥高尾縦走路、笹尾根の北端。奥多摩三山の最高峰。また多摩川最大の支流、秋川の源頭の山でもある。
約800万年前に地下から溶岩が突き上げ、およそ8合目までが石英閃緑岩でしめられている。この閃緑岩を数馬御影石と称している。

三頭山周辺は、檜原村都民の森水源林として保護されており、山頂周辺にはブナ林が残っている。
山頂は眺望に恵まれ富士山や雲取山、奥秩父山塊、丹沢山地などを望むことができる。


【住所】東京都西多摩郡奥多摩町
【TEL】
【営業時間】
【定休日】
【料金】

mitousan1 mitousan2



➂【馬頭刈山尾根】

馬頭刈山を出て下ると桧原・泉沢への分岐があり、急坂を登り返すと標高916mの鶴脚山です。
木に鶴脚山の表示板が掲げられていますが、このすぐ先にも鶴脚山の標柱が立っています。
鶴脚山は2つのピークからなるそう、樹木の間からですが、大岳山から御岳山、日の出山まで見渡せます。


【住所】東京都西多摩郡奥多摩町
【TEL】
【営業時間】
【定休日】
【料金】

sam03 sam03



➃【御前山】

御前山(ごぜんやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村の境界、奥多摩山域にある標高1405mの山。
多摩川の南岸にある大岳山、御前山、三頭山を奥多摩三山と呼ぶ。
奥多摩湖南岸、奥多摩主脈の中心に聳える山。遠くから見た山容・姿が美しい。カタクリの自生地。南の檜原村側は特に植林が多い。山頂は広いが、眺望はあまりない。対岸に石尾根が位置する。小河内ダム堰堤に、登山道のひとつ大ブナ尾根の入り口がある。道中、奥多摩湖を南東から見下ろせる。また、奥多摩都民の森(通称、体験の森)が北側斜面にある。


【住所】東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村
【TEL】
【営業時間】
【定休日】
【料金】

sam03 sam03


トウキョウサンショウウオをモチーフに子供からお年寄りまで親しみをもってもらえるものにしています。自然環境保全活動の象徴として、(右:兄)頭には草の冠、体にはきれいな河川を、(左:妹)手には葉っぱ、山形の帽子には花や川をえがいています。
  ⇒⇒森っこサンちゃんのご紹介

■関連リンク

 ▼あきる野市観光協会

 ▼日の出町観光協会

 ▼檜原村観光協会